FC2ブログ
2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:国内予選 第7試合 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レズバトル小説 <第7試合> 麗子 VS 愛&瞳 後編

kage

2014/07/09 (Wed)



<最終予選第7試合> 麗子 VS 愛&瞳


「絶頂フォール!!」


ワンッ!!


トゥーーーーーーーッ!!


スリ・・


愛「まだまだあーーーーーーっ!!」

ドシンッ!! ズダンッ!!

体当たりで麗子をコーナーポストに吹き飛ばす。

背中を強打し、コーナーポストの下で足を広げて座り込む麗子。

ずぷぅぅぅぅぅぅぅぅぅ・・

麗「ぅううん」

愛の指が麗子のマンコに突き刺さる。

愛「今度は私と勝負よ」

麗「いいですわ。あなたには30秒のハンデを差し上げますわ。」

愛「なっ!!」

麗「さきほど私と指で勝負して負けたのだから、当然ですわ」

愛「それなら30秒でイカせてあげる。」

麗「耐えて差し上げますわ」

くちゅくちゅくちゅくちゅ・・・くりゅくりゅくりゅ

くちゅくちゅくちゅ・・・

麗「んあ・・・・ぁ・・・と25・・秒」

ぢゅぷぢゅぷぢゅぷぢゅぷ・・くりゅぅぅぅぅ

くちゅくちゅくちゅくちゅくちゅ・・・

麗「おほぅ・・・・・・・あと15・・びょ・・ぅ」

ぢゅちゅぢゅちゅぢゅちゅぢゅちゅ・・・・

くりくりくりくり・・・・・

麗「んっ・・はあああ・・・ぁと・・5・・びょ・・・んあああああああああああああ!!」

じょばあああああああああああああああっ!!(絶頂回数:麗2、愛1、瞳3)

残り5秒のところで、麗子が耐えられず絶頂する。

愛「私の勝ちね」

麗「はぁ・・はぁ・・うまく・・なりましたわね」

愛「さあ、本番はこれからよ」

絶頂する麗子を立たせる愛。

潮を吹き終わった麗子のマンコに、再び指を入れて追い打ちをかける。

その時

!!!!!!!!!!!!!!

ズパァァァァァァァァァァァァンッ!!

愛「げ・・・ふ・・ぅ・・・」

指を近づけてきた一瞬の隙をついて、

麗子の爆乳ビンタが愛の右顎を撃ちぬいたのだった。

麗「まだまだ詰めが甘いですわね。」

バシィィィィィィィィィィィィンッ!!

愛「がふぇ・・」

ズパァァァァァァァァァァァンッ!!

愛「んあああ・・・」

バチバチィィィィィィィィィンッ!!

愛「・・・・あ・・・」

一撃目の爆乳ビンタで意識が朦朧となった愛に

右と左で一発ずつ爆乳ビンタをくらわせ

最後は挟み込むように、両乳で同時にビンタをくらわせた。

完全に意識が飛んだ愛は、膝からリングに崩れそうになるが、

麗子はこれを許さない。

愛の頭を爆乳に抱きよせ、ブレストスムーザーで追い詰める。

瞳(愛が・・・危ない・・・)

愛の危険を察知したものの

クンニで連続絶頂させられた瞳は、

まだ立ち上がれずにいた。

愛「んんんんんんんん!!」

じょばああああああああああああああ・・(絶頂回数:麗2、愛2、瞳3)

苦しさと快楽が入り乱れ、愛は絶頂に突き上げられた。

愛の両腕は力なく垂れ下がり、

足も、麗子の支えがなければ立っていられない状態であった。

麗「一度の油断が、命取りになりましたわね」

ずちゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・

左手で愛の頭を爆乳にうめたまま、

右手で愛のマンコにとどめを刺しにいく麗子。

ぢゅぷぢゅぷぢゅぷぢゅぷぢゅぷぢゅうぷ・・・

愛「ん・・・・ぁ・・・・」

ぷしゃああああああああああああああああ(絶頂回数:麗2、愛3、瞳3)

ブレストスムーザーで絶頂したばかりの愛のマンコに

Gスポットとクリのダブル攻撃は必要なかった。

普通に指を上下に動かしただけで、

愛のマンコは再び愛液を放出したのであった。

ドサ・・・

愛「あぐぅぅ・・・」

ようやくブレストスムーザーから解放された愛は

リングに大の字で倒れ込んだ。

麗「はぁ・・はぁ・・そろそろ限界かしら」

!!!!!!!!!!!!!!!

ズガンッ!!!

麗「がっ!!!」

ようやく立ち上がった瞳の延髄切りが、

無防備の麗子に炸裂した。

麗「あぐぅぅぅ」

ズダン・・・・

不意打ちに倒れる麗子は、

首の後ろを押さえて悶絶した。

瞳「この程度で私と愛が負けるはずないでしょ」


ぬちゅ・・・


瞳は、倒れた麗子の足をとると、

自らのクリと麗子のクリを接触させた。

麗「んあっ・・・こんどは貝合わせで勝負というわけですわね」


ぐぢゅ・・・


瞳「あふっ・・・はぁ・・はぁ・・私、貝合わせでは愛にも負けた事ないの」


麗「でも、私には通用するかどうかは別問題ですわ」


ぬちゅっ、ぬちゅっ、にゅちゅっ、ぐちゅっ


勃起したクリをぶつけ合う麗子と瞳。


しかし、ここで麗子の表情に変化が出始める。

勃起した瞳のクリは、包み込むように麗子のクリを刺激する。

勃起した男性器をパイズリで刺激されるような快感を受ける麗子。

麗「はぅっ!! は・・・あうっ!!(なんですの、この責めは)」

瞳「んはああっ!! あ・・あんっ・・も・・う・・イキ・・」

ぬちゅっ、ぬちゅっ、ぐぢゅっ、にゅちゅっ

麗・瞳「イクぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!」

ぶしゅううううううううううううううううううううっ!!(絶頂回数:麗3、愛3、瞳4)

同時に絶頂した麗子と瞳。

豪快に潮を噴き上げると、痙攣しながらリングに倒れた。

麗(はぁ・・はぁ・・・これは・・・完全にイカされましたわ)


ふらふらと立ち上がる麗子は、

まだ立ち上がれないでいる瞳を強引に立たせる。

瞳「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

麗「はぁ・・はぁ・・驚きましたわ・・・これはそのご褒美」

瞳「!!!!!」

ズシィィィィィィィィィィィィィィィィィィィンッ!!

ぷしゃああああああああああああああ(絶頂回数:麗3、愛3、瞳5)

瞳「が・・・ふぇ・・・」

高々と瞳を持ち上げ、麗子のジャンピングパワーボムが瞳を襲った。

激しくリングに叩きつけられた瞳は

あまりの衝撃に全身を痙攣させて絶頂し、

大量の愛液を麗子にぶちまけた。

麗「はぁ・・はぁ・・絶頂・・フォール」


「絶頂フォール!!」


レフェリーがカウントに入る。


ワンッ!!


トゥーーーーーーーーーーッ!!


愛「瞳!!起きてっ!!」

ドガッ!!

麗「あんっ!!」

フライングボディアタックでカットに入る愛。

カウントは2で止まった。

愛は、仰向けに倒れた麗子に近づき、その場でジャンプする。

グシャアアアッ!!

麗「んぶううううううううっ!!」

麗子の顔面に、愛のヒップ爆弾が投下される。

さらに愛は、動きの止まった麗子の両足を持ち上げると

まんぐり返しで麗子を固める。

ぐぢゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!

麗「むぐぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!」

愛の尻で押さえつけられている麗子の悲鳴は、

愛にはほとんど聞こえない。

ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ・・・くりゅくりゅくりゅ・・・

麗「んむぅ!!んむぅ!!」

ぢゅっちゅぢゅっちゅ、くりゅ・・くりゅ・・くりゅ

麗「んんんんんんんんんんんんんんんんんんっ!!」

ぷっしゃあああああああああああああああああああ!!(絶頂回数:麗4、愛3、瞳5)

愛の指マン責めに、麗子のマンコがたまらず悲鳴をあげる。

愛「はぁ・・はぁ・・はぁ・・絶頂・・フォー・・きゃっ!!」

愛の尻に抑え込まれていた麗子は、

足の力で愛を前に倒すと、車輪を転がすように

今度は愛をまんぐり返しで固めた。

そして、まんぐり返しのまま愛の体を持ち上げる。

麗「はぁ・・はぁ・・そろそろ終わりにさせていただきますわよ」

ズドムッ!!

愛「ぐ・・・ふ・・・ぁ・・・・」

ツームストンパイルドライバーが愛に炸裂し、

愛の脳天がマットにめりこむ。

ぐちゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・

パイルドライバーの姿勢のまま、

麗子が愛のマンコに舌を挿入する。

ぢゅっ、ぢゅっ、くちゅっ、ぐちゅっ、れろぉ・・・

ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅっ!!

麗子の舌が、激しいピストン運動で愛のマンコを責める。

ぐちゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ・・ぢゅぽっ・・・・・

愛「ぁ・・ああん・・・・・」

どびゅううううううううううううううう!!(絶頂回数:麗4、愛4、瞳5)

ぷしゃああああああああああああああああああああああ(絶頂回数:麗4、愛5、瞳5)

じょぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼ(絶頂回数:麗4、愛6、瞳5)

麗子が舌を引き抜いたと同時に、

激しく絶頂した愛のマンコが潮を吹く。

愛「ぁ・・・ぁふ・・・・・・」

ドサ・・・・

解放された愛は、そのまま白目をむいて失神した。


瞳「愛!!」

失神した愛に、瞳が駆け寄る。

痙攣する愛の体を叩き、愛を起こそうと必死な瞳。

その背後に、麗子が迫っていた。

瞳「はぅっ!!」

麗子が後ろから瞳の爆乳を揉みしだき、

満身創痍のマンコを指マンで責める。

麗「あとは瞳だけですわ・・・」

ぐちゅ・・・ぐちゅ・・・ぐちゅ・・・

瞳「は・・・あああああ・・・あ・・愛・・起きて!!」

責められながらも、愛を叩き起こす瞳。

くりゅ・・・くりゅ・・・くりゅ・・・

瞳「だ・・だめえええええええええええええ!!」

ぷしゃああああああああああああああああああ(絶頂回数:麗4、愛6、瞳6)

愛「んあ・・・ひ・・・瞳!!」

瞳「はぁ・・はぁ・・・あ・・・愛・・・・」

瞳の絶頂と同時に、失神していた愛が気づく。

麗「はぁ・・はぁ・・なかなか・・しぶといですわね」

愛「はぁ・・んく・・この前みたいにはいかないって言ったでしょ」

麗「こうなったら、二人まとめてイカせてあげますわ。いらっしゃい」

そして、1対2のイカセあいが始まった。

愛が麗子のマンコを指で責め、

瞳は乳揉みとディープキスで麗子を責める。

一方の麗子は、

まとわりついてくる二人のマンコを自慢の指で責めあげる。

ぢゅぷぢゅぷぢゅぷ・・・

じゅぱああああああああああああああああ!!

じゅるる・・・・ぢゅぷぢゅぷ・・・・

ぷしゃああああああああああああああああ!!

もみ・・もみ・・くりくりくり・・・

どばああああああああああああああああ!!

瞳「あぐううううううううううううう!!」

じょばあああああああああああああああああ!!

ズル・・・

絶頂した瞳が、崩れるようにリングにへたり込む。

愛「瞳!!」

麗「はぁ・・はぁ・・・これでとどめですわ」

!!!!!!!!!!!!!!!!!

ズダァァァァァァァァァァン!!

ぷしゃあああああああああああああああ

愛「ぐ・・ふぁ・・・・・」

麗子のパワーボムで愛が絶頂する(絶頂回数:麗12、愛14、瞳16)。

麗「はぁ・・はぁ・・絶頂・・フォール」

愛「はぁぁ・・・はぁぁ・・・・ぬあああああああああああああ!!」

麗「!!!!」

カウントが始まる前に、愛は立ち上がる。

これには麗子も驚きを隠せない。

愛「ふぅ・・ふぅ・・くらええええええ」

ズドムッ!!

じょろろろろろろろろろろ・・(絶頂回数:麗13、愛14、瞳16)

麗「げふぅぅぅぅぅぅっ!! が・・はっ・・」

愛の膝蹴りが、麗子のみぞおちにめり込む。

さすがの麗子も、腹を押さえ悶絶。

衝撃でマンコからは愛液が流れた。

愛「はぁ・・はぁ・・ここで決めるわ!!」

麗「なっ!!」

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ズダァァァァァァァァァァァァァァァンッ!!

麗「あ・・・が・・・イ・・・・イク・・・・」

どびゅううううううううううううううううううううううううううううう!!(絶頂回数:麗14、愛14、瞳16)

麗子が、リングサイドまで到達する潮を噴き、大絶頂をさせられる。

愛が、ずっと温存していた必殺技、マッスルバスターを炸裂させたのであった。

愛の肩の上でまんぐり返しで絶頂する麗子。

噴き出した大量の愛液が、愛の肩をつたう。

ズン・・・・・・・

麗「ぐふぅ・・・・」

マッスルバスターを喰らった女帝が、

マンコから潮を流し、リングの上でのびている。

愛「ひ・・瞳・・・決めるわよ・・・」

瞳「はぁ・・はぁ・・わかったわ」

麗(手足が・・・言うことをきかない・・・)

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

愛「ぬあああああああああああああ!!」

グロッキー状態の麗子を起こし、そのまま高々と持ち上げる。

愛「くらええええええええええええ!!」

ズッバァァァァァァァァァァァァァンッ!!

麗「がはあ・・・・・」

愛の渾身のパワーボムが、グロッキーの麗子をマットに叩きつける。

愛「瞳!!今よ!!」

瞳「爆乳には、こういう使い方もあるんだったわね」

残った力で精一杯ジャンプすると、

瞳は、100cmのフライング爆乳プレスを投下する。

ズンッ!!

!!!!!!!!!!!!!!!!

麗「あ・・へぇ・・・」

顔面に爆乳プレスをくらった麗子の意識が飛ぶ。

瞳は、そのままブレストスムーザーで麗子を抑え込む。

ぷしゃあああああああああああああああああああ(絶頂回数:麗15、愛14、瞳16)

パワーボム、爆乳プレス、ブレストスムーザーの3段攻撃に

麗子のマンコが愛液をリングにまき散らす。

愛・瞳「絶頂フォール!!」


「ぜ・・絶頂フォール」

ボロボロになった女帝の姿に

レフェリーも驚きを隠せない。


ワ・・ワンッ!!


トゥーーーーーーーーーーーーーッ!!


爆乳の下敷きになったまま、麗子はぴくりとも動かない。


愛「はぁ・・・・はぁ・・・・はぁ・・・・」


瞳「決まって・・・・」




スリーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!



カンカンカーーーーーーーンッ!!


試合終了のゴングが、愛と瞳の勝利を告げる。


愛「か・・・勝ったわ・・・はぁ・・はぁ・・・」

瞳「もう・・ダメ・・体が動かない・・・」

勝利が確定したと同時に、

愛と瞳は、大の字でリングに転がる。

そして、

ブレストスムーザーから解放された麗子は

白目をむいて失神したままであった。



 
熟女レズプロレスW杯最終予選第7試合結果

麗子● VS ○愛&瞳
(絶頂フォール 爆乳固め)


<最終予選順位表>

①愛   (3勝1敗:勝ち点9、絶頂差+7) 

②瞳   (2勝1敗:勝ち点6、絶頂差-2)

③麗子  (1勝2敗:勝ち点3、絶頂差+1)

④由香里 (1勝2敗:勝ち点3、絶頂差±0) 

⑤葵   (1勝2敗:勝ち点3、絶頂差-6)



試合終了後・・・

死闘を終え、医務室で眠る愛と瞳。

そこに、二人をたずねてくる者がいた。

麗子であった。

愛は麗子の気配に気づいたが

疲れ切った瞳は眠ったままであった。

愛「な・・・なによ・・・まだやる気?」

ヨロヨロとベッドから立ち上がり、構えの姿勢を取る愛。

麗「はぁ・・・私はいいですけど、そんな体で闘えますの?」

愛「・・・・・・・」

麗「そんなことをするために来たのではありませんわ」

愛「じゃあ、一体なんのためよ」

麗「瞳が起きたら、次の由香里との試合、必ず勝つように伝えてくださるかしら?」

愛「どういうこと?」

麗「それは秘密ですわ」

笑みを浮かべて部屋を出ようとする麗子の腕を愛がつかむ。

愛「待ちなさいよ!!」

麗「愛、さっきの技は見事でしたわ。あんなに激しくイカされたのは世界戦以来」

愛「よく言うわ。わざと必殺技を使わなかったくせに!!もう一度勝負・・・よ・・・」

体力の限界を超えている愛が、震える脚で麗子に近づく。

麗「立っているだけで精いっぱいのようですわね」

愛「そんな・・・こと・・・な」

くちゅ・・・・

愛「んぁ」

くちゅくちゅくちゅ・・・くりゅくりゅくりゅ・・・

愛「はうん・・・んく・・・次は・・・1対1で・・・勝・・・」

麗「うふふっ、楽しみにしていますわ」

くちゅくちゅくちゅ

愛「んあ゛・・・だめ・・イ・・・ク・・・ゥ」

ぷしゃああああああああ・・・・

失神する愛を、麗子がベッドに戻した。

麗「瞳・・約束ですわよ」

眠る瞳に囁くと、麗子は医務室を後にした。

そしてダメージを負ったまま、次の試合へと向かうのであった。

目次に戻る

≪執筆参考画像資料≫
りりすばとる! ROBFS4U 淫魔の加護 天昇戦記シナモニカ 聖愛退魔RPG next


FUTACOLO CO -NO CHARGING-
FUTACOLO CO -WITCH TRIALS- feat.カラス VOL.004 FUTACOLO CO -PROSCENIUM- mistress wrestling vol.01 ふたなり!!王道 vol.01

幻想郷フタナリチ○ポレスリング6 魔理沙VSフランドール 幻想郷フタナリチ○ポレスリングI 幻想郷フタナリチ○ポレスリングII 幻想郷フタナリチ○ポレスリング4 霊夢&魔理沙VSレミリア&パチュリー 幻想郷フタナリチ○ポレスリング総集編123 GFCW BEST BOUT

LESFES CO -Mature- feat.Isaki VOL.003 LESFES CO -Mature- feat.Isaki VOL.002 LESFES CO -Mature- feat.Isaki VOL.001 LESFES CO -Mature- VOL.004 FUTACOLO CO -WITCH TRIALS- feat.カラス VOL.001

FUTACOLO CO -Dissonance- feat.うさぎなごむ VOL.001 FUTACOLO CO -WITCH TRIALS- feat.カラス VOL.002 FUTABOKO CO -Aurora- VOL.002 FUTACOLO CO -WITCH TRIALS- feat.カラス VOL.003 熟女子プロレス

Doujin manga and game download shop - DLsite English Doujin manga and game download shop - DLsite English


≪執筆参考動画資料室へ入る≫



スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。